responsive web templates

毎月15日は中華の日

毎月15日は「中華の日」です。ご存知でしたか?

毎月15日は「中華の日」だということをご存知でしょうか?

その由来は、15日という日付はその月の中間=ちゅうかん=ちゅうか=中華、という語呂合わせ。東京都中華料理環境衛生同業組合によって、全国規模で中華料理を普及させることを目的として作られました。

一般社団法人の日本記念日協会には登録されておらず、特許庁に「毎月15日は中華の日」と商標登録されているんだとか。

制定は1980年ごろと意外に歴史があるにも関わらず、一般的な知名度はまだまだ低い中華の日。しかし、中華の日にちなんだサービスをしているところは思っているよりも多いんです!

Mobirise

例えば、神奈川県中華料理業生活衛生同業組合「かながわサンマー麺の会」では、毎月15日に50円引きチケットのプレゼントをしています。

中華包丁を販売している鍛冶屋トヨクニでは、「杉本中華包丁フェア」として定価から10%オフ!しかも毎月なので、中華包丁が欲しい時には毎月15日がお得です。

バーミヤンの公式Twitterでも、中華の日にちなんだクーポンの配布やキャンペーンが行われていることもあります。

また、スーパーやデパ地下でも、15日は特売やPRで中華に力を入れているところが多いので、要チェックです。 



過去には、楽天デリバリーで中華料理店ポイント3倍セールやバーミヤンが公式Twitterでクーポンの配布やキャンペーンを行うなど、中華料理に関わる業界では中華料理の普及と販売に力を入れています。

Mobirise

意外なところでは、中華の日ポスターを無料配布する「ネットでポップ」、さらに、病院や介護施設などでは15日やその近くの日に中華料理を提供することが多いんだとか。


知名度は低いようですが、じわじわと私たちの生活の周りに浸透しつつある中華の日。15日は中華を食べに出掛けましょう。

©2019 haochizu, All rights reserved